2010年1月16日更新 


※大きな画像で見たい方はコチラ→Poser+Flashでアニメーション

競技エアロビクスの技のサンプル動画を公開しました。

開脚前屈をビッシと決めたい方のために、画像付きの説明ページを公開しました。

エアロビクス競技会
エアロビクス競技会には、だれでも参加できます。
競技会というよりも、皆で楽しく踊るお祭りのようなものと思って下さい。
エアロビクスに慣れてきた方は、気軽に参加して下さい。
競技会では、いくつかの部門が用意されています。
シングル部門(年代別、性別)、ペア部門、グループ部門、HIPHOP部門等
シングル部門は、個人演技を行う部門と、サーキット(フライト)のみの部門があります。
シングル部門では、通常、サーキット形式の予選が行われます。
他に、サバイバルエアロというのもあります。
一般のエアロビクス競技会は、春〜秋に実施されます。
サバイバルエアロは、秋〜春に実施されます。
競技会毎に、いろいろと規定・注意事項がありますので、
各競技会のパンフレットを充分に読んで参加して下さい。
<エアロビクス競技会 リンク>
日本エアロビック連盟
(スズキJAPAN-CUP等)

一流選手と一緒に、予選サーキットを受けられます。
※SUZUKI JAPAN CUPは、2006年度から、都道府県大会が新設されました。
県代表選手枠は、「県大会参加者数の30%」だそうです。
県大会参加者数が増えると、地区大会に出場できる選手も増えるので、
是非、多くの人に参加してほしいと思います。
NAC-JapanNPO
(AFLAC-CUP)

予選サーキット無しで、予選から個人演技できます。
(予選サーキットが無いので、ウォームアップは自分でしっかり行って下さい)
JAAA
(全日本エアロビクスコンテスト)

アマチュアのための大会です。
サーキット部門は、フィットネスクラブのレッスンと同様ですので、気軽に参加して下さい。
サバイバルエアロビクス
フィットネスクラブのレッスンと同様です。
とことん汗をかきたい方、パワーが有り余っている方、是非、参加して下さい。

SUZUKI JAPAN CUP'98 東日本大会の様子