トップへ  理想社会:銀行は不要  戻る

<理想社会:お金の要らない社会に向けてのステップ2>

銀行は、お金を右から左へ動かすだけで、利益を得ています。
巨額のお金を動かせば、巨額の利を得ます。
このような行為が許されているために、今の腐った社会が出来上がったように思えます。
お金を右から左へ動かすだけならば、国が一手に引き受け、無償で、行えば良いと思います。
郵便貯金も含めて、全ての銀行を国有化して、1本にすれば良いと思います。
お金という単なる数値を管理するだけですので、国がコンピュータでまとめて管理すれば良いと思います。
※本来、人間は、物作りに、励むべきです。

<補足>
最近、問題視されている、ライブドアの行為(ホリエモンの行為)を不正とするならば、同じ様な行為を行っている銀行や証券会社の存在そのものを、問題視すべきだと思います。

一企業の不正を立証することよりも、今後、不正が行われないように、現在の社会構造を変える事の方が大切だと思います。
社会構造を正しく変える事こそが、真に求められる「構造改革」だと思います。