トップへ  競技エアロビックの技(サンプル動画)  戻る  
 エアロビクスの技は、事前に、十分なストレッチ、十分なウォームアップを行って下さい。
 これを怠ると、筋肉を傷める等、事故の元になります。
 充分な筋肉、充分な柔軟性がある人でも、ストレッチやウォームアップが不十分だと、その力を発揮できません。

ストラドル・ジャンプ

スプリット・ジャンプ・トゥ・プッシュアップ

バランス・ターン

イルージョン

1アーム・1レッグ・プッシュアップ

ウエンソン・プッシュアップ
フロンタル・スプリット・ジャンプ・トゥ・プッシュアップ
(Frontal Split Jump to Push-Up)


私の演技にも入っているD難度の技です。
今までに、まともにできたことは一度もありません。
この技の練習で、首の軟骨を痛めたと思われます。(ウォームアップが足りない状態で練習したのがまずかった。)
下記の画像は、0.5秒単位の画像を抽出しました。
連続した動きは、動画(Flash版)を見て下さい。