人が生きる目的:ペットの未来のためではない!

・人は何故生まれたのか?
・人生の目的は?
・何のために働くのか?
・何のために勉強するのか?
答えは一つです。人類の未来のためです。

決して、ペットの未来のためではありません。

ところが、現代社会では、ペットとして、犬や猫を飼う人が増えています。
子供を産む人数を減らしてでも、ペットを飼う。
子供を産まずに、ペットを飼う。
高齢者が、ペットにお金を費やす。
社会全体として、子育てよりも、ペットにお金を費やしているようです。

まるで、ペットの未来のために頑張っている感じがします。
このままでは、何れ人類は滅亡し、犬や猫が支配する地球になってしまいそうです。

本来、ペットに注がれている愛情とお金は、人間の子供に向けられるべきです。

犬や猫は、
・貴重な酸素を吸って、地球温暖化の原因となる二酸化炭素を出します。
・糞尿により、衛生上の悪化を招きます。
・ワンワン、ニャンニャンと煩いときもあります。

その点、観葉植物は、
・地球温暖化の原因となる二酸化炭素を吸収して、酸素を出します。
・マイナスイオンも出します。
・糞尿を出しません。
・声を出しません。
・緑は、見ていて、心が和みます。

地球温暖化対策にも、犬や猫よりも、観葉植物がお薦めです。
エアコンで締め切った部屋の中では、観葉植物が、あなたの心を癒してくれるでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。