お金を廃止、衣食住・欲望別のポイントを支給

ベーシックインカムという話がありますが、
夢主義社会では、お金を廃止して、代わりに、
全ての人に、毎月、衣食住に使用できる、期間限定のポイントを支給します。
※ポイントは、現代のお金に代わる物です。

例:
衣類:10万ポイント ※2年繰越可能
食料:10万ポイント ※2ヶ月繰越可能
住居:10万ポイント ※永久に繰越可能
欲望:10万ポイント ※永久に繰越可能
※衣食住の品でも、高級品は欲望品と見なします。
このポイントの範囲内で、自由に物を得ることができます。
ポイントの残高は、インターネット端末で、いつでも確認できます。
軽犯罪では、このポイントが削減されます。

期間限定のポイントにすることで、消費活性化できます。
消費されたポイントは、企業や個人の評価に使われます。

消費者が各商品・サービスを得て、支払ったポイントは、
その商品・サービスを提供した企業に渡り、
その企業が活動するのに必要な資材を得るために、使用されます。
さらにその中で働く人の評価に使われます。

その企業が活動するのにポイントが不足した場合、
その状況と今後の対策をコンピュータ「国」に申請して認められれば、
必要な資材を得られます。
認められない場合、その企業は破産です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。