気象コントロールは人口日食

豪雨も雨不足も困ります。
豪雨防止には、雨雲が日本に到着する前に、海上で雨を降らせば良いです。
雨不足には、雨不足の地域に、雨雲を誘導すれば良いです。

気象予報よりも、気象をコントロールする事を真剣に考えるべきです。
豪雨が来るのを分かっていながら、ただ見ているだけというのは能が無いです。
天気コントロールを行えば、豪雨災害を防ぎ、人の命を救う事ができます。

そう言えば、昔から、「風水」という考え方があります。
気の流れを考慮して、都市を作ると、繁栄するという事です。
気象コントロールは、風の流れを操作して、雲(水)を動かせば良いのです。
雲の位置をチョット操作するだけで良いのです。
雨は、必要な所に降ってくれれば、大変有り難いものです。

ヒートアイランド現象が、ゲリラ豪雨を招いているという話があります。
まさに、ヒートアイランド現象は、「風水」の異常の結果と言えるでしょう。
各企業が、自分勝手に、高層ビルを乱立した結果、
「風水」に異常を起こし、災害をもたらしています。
沿岸に、高層ビルを作る事を禁止すべきです。

気象コントロールで、豪雨災害も水不足も解消できます。
地球温暖化対策も、CO2削減だけでなく、
気象コントロールも手段の一つに考えて欲しいです。

気象コントロールには、人口日食です。
宇宙に月と同等の巨大な壁を作り、地球に日陰を作れば良いです。
日陰を作ることで、温度差が生じ、雲を誘導できます。

地球に日陰を作ることで、地球を冷やし、地球温暖化対策にもなります。
この巨大な壁は、宇宙太陽光発電にも使えます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。