自衛隊は災害救助隊にチェンジ

日本国民が自衛隊に期待するのは、災害救助です。
であれば、自衛隊を災害救助隊に名称変更すべきです。

災害救助隊にチェンジして、
災害救助に特化した装備、訓練を行う事で、
災害時に迅速に救助を行えます。

逆に、自民党政権が、防衛力強化に予算を費やした結果、
災害救助が遅れ、多くの犠牲者を出したのです。

本来、自衛隊のメインの役割は、災害救助です。
防衛省⇒防災省、自衛隊⇒救助隊に変更して、 
防災→災害救助→復旧復興まで、切れ目ない対応を行うべきです。
これにより、自衛隊の憲法違反も解消できます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。