民主主義は、独裁主義に陥りやすい

議会制民主主義は、独裁に陥りやすいのです。
独裁者をリーダーに選ぶと、独裁主義です。
独裁防止には、ネットによる直接民主主義を目指すべきです。
直接民主主義では、全ての人が政治家です。

本来、自由主義経済が民主主義なのでは?
中国は、社会主義政権下で、自由主義経済を取り入れました。
つまり、中国は、民主主義になったのでは?

逆に、日本は自民党独裁で、巨額のばら撒きで経済をコントロール(社会主義)です。
さらに、平和主義の日本が、防衛力強化に力を入れています。
これは、独裁主義、軍国主義の道です。

リーダーには、二種類あります。
民主主義のリーダーと独裁主義のリーダーです。

独裁主義は、リーダーシップ(独裁)により進めるので決断が早いです。
自分の都合で決めた訳ですから、状況が変化しても、二転三転しません。
結果、国民が意図しない方向へ向かいます。

民主主義は、国民の総意に従うので、時代と共に変化し、二転三転します。
結論を出すのに時間が掛かります。
でも、それで良いのです。

民主主義のリーダーは、何もしない方が良いです。
国民一人一人が、主体性を持って、自己責任で行動するのが、民主主義です。

グローバル経済で、世界は一つになりました。人類は皆、友達です。
個々の国の政治は、小さな存在です。
民主化運動は時代遅れです。
自由主義経済が民主主義です。
経済力で政治を動かす時代です。
その成功例が、ファーウェイやアリババです。

アメリカンドリームも、チャイナドリームも、自由主義経済の中で生まれました。
逆に、政府が関与すると、民間の自由な発想が失われ、衰退の道です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。