福島事故原発の汚染水(トリチウム)処分方法

汚染水を薄めても、最終的に海洋放出するトリチウムの量は同じです。
本来、学術会議に依頼して、核融合の研究を進めるべきでした。
学者軽視の自民党政権が問題の根幹です。

政府は、初めに結論ありきで、海洋放水以外、何も考えず、放置してきた。
本来、10年あれば、放射能除去装置(トリチウム除去装置)を発明できたはずです。

科学的には、トリチウム(三重水素)を核融合させて、ヘリウムにすれば解決です。
現代科学では、核融合発電は難しいですが、
大量の電力を使い、高温、高圧環境下で、核融合させることは、可能です。
超高温、超高圧、プラズマ放電で、太陽と同じ環境を作れば良いのです。
当然、この研究データは、核融合炉に応用できます。
素粒子物理学を究めれば、できるはずです。

そもそも、放射能除去装置が発明されないから、世界経済が低迷しているのです。
科学技術の進歩無くして、経済成長無し

政治家は、お金の論理だけで、経済成長できると思っているので、
無闇にお金をばら撒き、国の借金を増やしています。

そして、国の借金の増加を止めるために、学者の研究費を削り、
ますます、科学技術の進歩は無くなり、経済低迷です。

補足:

原発が始まって以来、がん患者数が、年々増加しています。
トリチウムが原因なのでは?

風評被害防止には、トリチウム水で魚を養殖して、
その魚を、自民党議員が食べて、安全性をアピールすれば良いです。
環境への影響がないことを科学的に立証するには、実験が必須です。

主権者は国民!総理大臣は偉くない

主権者教育で大切なことは、総理大臣は偉くないという事です。
総理大臣は国民に従う立場です。

主権者教育で大切な事は、自分が感じている不満の原因は、全て政府にあります。
いじめ、ブラック企業、格差拡大等、全て、政府の間違った政策が原因です。
従って、解決策は政権交代です。

国民は、政府に対して、「何とかしろ!」ではなく、
具体的に指示する必要があります。

「何とかしろ!」というと、政府は、党利党略で、政策を出してきます。
党利党略による政策で、無駄に税金が使われ、間違った方向に向かいます。
その結果、不正や混乱が増加、さらに、対策が必要になり、税金が費やされます。
巨額の国の借金は、全て、自民党政権の政策が間違っていたのです。
つまり、政府は何もしない方が良いです。

最近の新型コロナ感染拡大も、政府の政策が原因です。
観光立国で、人の移動が無闇に増えた結果、感染拡大したのです。
物作り立国、科学技術立国であれば、感染拡大は有りませんでした。

そもそも、観光立国は、物作り立国を諦めて、
文化遺産(過去の栄光)にすがっているだけです。
これでは、未来を切り開くことはできません。

日本学術会議の任命除外も、政府が、学者を軽視した結果です。
成長戦略には、日本学術会議の知恵が必須です。
学者を軽視する自民党政権では、日本が衰退します。

ウイルス研究所以外は考えにくい!

安全管理を徹底しても、100%の感染防止は有り得ません。
さらに、人から人へ感染するように変異するには、
繰り返し感染する必要があります。
それが可能なのは、武漢ウイルス研究所だけです。

研究員の抗体検査を行えば、分かります。
抗体を持っていれば、研究員が感染源という事になります。

コウモリのウイルスが、研究員の体の中で、
人から人へ感染し易いウイルスに変異したと考えるのが順当です。
研究員自身は、免疫力が高いので発症せず、
知らない間に、多くの人に感染させたのです。

新型コロナ対策は、免疫力アップ

新型コロナ対策は、食事で、自己免疫力アップです。
自己免疫力は、万能で最強、副反応無しです。

免疫力アップには、ネギや納豆、リンゴがお薦めです。

海外に比べて、日本人の感染が少なかったのは、ネギを食べる食文化です。
ネギは、薬味と呼ばれ、薬と同等の効果があります。
納豆のような発酵食品は、免疫バランスを正常化して、
免疫暴走(サイトカインストーム)を防止してくれます。

★驚異のネギパワー

4年前に、 NHK ガッテン!で放送された番組です。
インフル・肺炎・がんに効く 世界で発見!驚異のネギパワーSP
今も、ホームページで公開されています。

民主主義は、独裁主義に陥りやすい

議会制民主主義は、独裁に陥りやすいのです。
独裁者をリーダーに選ぶと、独裁主義です。
独裁防止には、ネットによる直接民主主義を目指すべきです。
直接民主主義では、全ての人が政治家です。

本来、自由主義経済が民主主義なのでは?
中国は、社会主義政権下で、自由主義経済を取り入れました。
つまり、中国は、民主主義になったのでは?

逆に、日本は自民党独裁で、巨額のばら撒きで経済をコントロール(社会主義)です。
さらに、平和主義の日本が、防衛力強化に力を入れています。
これは、独裁主義、軍国主義の道です。

リーダーには、二種類あります。
民主主義のリーダーと独裁主義のリーダーです。

独裁主義は、リーダーシップ(独裁)により進めるので決断が早いです。
自分の都合で決めた訳ですから、状況が変化しても、二転三転しません。
結果、国民が意図しない方向へ向かいます。

民主主義は、国民の総意に従うので、時代と共に変化し、二転三転します。
結論を出すのに時間が掛かります。
でも、それで良いのです。

民主主義のリーダーは、何もしない方が良いです。
国民一人一人が、主体性を持って、自己責任で行動するのが、民主主義です。

グローバル経済で、世界は一つになりました。人類は皆、友達です。
個々の国の政治は、小さな存在です。
民主化運動は時代遅れです。
自由主義経済が民主主義です。
経済力で政治を動かす時代です。
その成功例が、ファーウェイやアリババです。

アメリカンドリームも、チャイナドリームも、自由主義経済の中で生まれました。
逆に、政府が関与すると、民間の自由な発想が失われ、衰退の道です。

米国の分断は、経済の衰退が原因

米国の、分断、人種差別は、米国の衰退が根幹です。

米国は、成熟期を過ぎて、衰退期に入っています。
衰退期は、不満が増大、混乱、犯罪が増えるものです。
中国も軍事力に予算を費やしていると、国が衰退、米国と同じ運命です。

栄枯盛衰、古代ローマ帝国が滅んだように、アメリカも滅ぶのです。

米国の衰退の原因は、巨額の国防予算です。
グローバル経済の時代に、国防増強は無駄です。
無駄に予算を使った結果、国が衰退するのです。

日米同盟は、前例踏襲で良いのか?
衰退する米国と縁を切り、中国と仲良くした方が得策では?
と言っても、中国も、国防に予算を費やして、急激に衰退しそうです。

自由主義経済は、政府主導ではなく、
国民一人一人が、自己責任で自由に活動することで、成長できます。
昔のアメリカンドリームも、チャイナドリームも、民間主導です。

政府主導では、国民一人一人が、頑張らなくなり、衰退するのです。
日本も、政府のばら撒きで、成長できなくなりました。

春 乱舞

バレエ・エアロビクス・フィギュアスケート、ごちゃ混ぜで踊ります。

動画はコチラ⇒ https://www.dream-think.com/poser/haru/haru.htm

Poserで作成しました。
Poserは、3Dキャラクター アニメーションツールです。
Poseフィギュアを自分で操作して、ポーズを取らせたり、アニメーション動画を作成したりできます。

<素材情報>
フィギュア: DAZ3D Aiko 3, BelBel, テライユキ
髪: DAZ3D Aiko3Hair
衣装:A3Collection By Yamato氏

人類は宇宙へ

人類滅亡から逃れるための根本的な対策は、宇宙へ旅立つことです。
地球温暖化防止策や平和交渉も良いのですが、これは単なる延命治療に過ぎません。

母なる大地(地球)を離れて生活できる能力・技術を得ることです。
地球はいつまでも優しい母親では居てくれないでしょう。
地球が母親で、その子供が人間ならば、何れ母親の手を離れて旅立つのが人間の定めです。
いつまでも、母親にしがみついている子供では、困り者です。

特に、日本は、狭い土地、資源の無い国、地震列島です。
いつまでも、土地にしがみついていないで、早々に、宇宙へ旅立つべきです。
近隣諸国との領土問題に時間を費やすのは、愚かな行為です。

また考え方によっては、
異常気象は人類を追い出そうとする地球の意思なのかもしれません。

地球を母なる大地と考えているのは、人類の勝手な考えに過ぎません。
ほんとうは、人類も含めて地球上の生命は全て、
地球という惑星の表面に繁殖した寄生生物に過ぎないのです。
地球が昼寝をしている間に、一時的に繁殖した寄生生物。
異常気象は、地球が目を覚まそうとしているのです。
本来、地球は、暴風雨と雷が荒れ狂い、地震が頻繁に起きる星なのです。

現代社会はピラミッド構造

運動会等でよくあるピラミッド、
実は、今の社会構造を如実に表しています。

■一番上のベルベルちゃんは、何も考えず、はしゃいでいます。
■二番目の2人は、バランスを取るのに苦慮しています。
■一番下の3人は、重さに耐えかねています。

葉っぱのお金

衆院選挙が近いから、
給付金等のばら撒きを、政策に掲げる政治家が増えています。
ばら撒きの原資は、国民に課せられた税金や国の借金です。
公職選挙法違反や横領にならないのかな?
お金とは、何なのだろう?と疑問に感じます。

ベルベルちゃん(10歳)は、
大人が紙切れ(千円札)で物を買っているのを見て思いました。

「あんな汚い紙切れで、物と交換できるのなら、
この綺麗な葉っぱで、もっと良い物と交換してもらえるハズ」

そこで、ベルベルちゃんは、
綺麗な葉っぱを持ってケーキ屋さんに行きました。

「この葉っぱで、ケーキ1個下さい」

店員のメイちゃん(17歳)は、理解できず困っています。