認知症予防は、夕食抜き!

アルツハイマー型認知症予防は、夕食抜きです。

脳内に余計なたんぱく質(アミロイドベータ)が溜まるということは、食べ過ぎです。
特に、夕食後は運動しないので、寝ている間に、脳内に溜まるのです。

認知症予防には、朝食、昼食をしっかり食べて、しっかり運動することで、
たんぱく質が筋肉に回ります。
その後、夕食抜きで眠れば、脳内に余計なたんぱく質が溜まることを防止できます。

睡眠は、脳の御掃除タイムなのです。
夕食を食べて、ドロドロ血液では、脳の御掃除が出来ないのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。