米国の分断は、経済の衰退が原因

米国の、分断、人種差別は、米国の衰退が根幹です。

米国は、成熟期を過ぎて、衰退期に入っています。
衰退期は、不満が増大、混乱、犯罪が増えるものです。
中国も軍事力に予算を費やしていると、国が衰退、米国と同じ運命です。

栄枯盛衰、古代ローマ帝国が滅んだように、アメリカも滅ぶのです。

米国の衰退の原因は、巨額の国防予算です。
グローバル経済の時代に、国防増強は無駄です。
無駄に予算を使った結果、国が衰退するのです。

日米同盟は、前例踏襲で良いのか?
衰退する米国と縁を切り、中国と仲良くした方が得策では?
と言っても、中国も、国防に予算を費やして、急激に衰退しそうです。

自由主義経済は、政府主導ではなく、
国民一人一人が、自己責任で自由に活動することで、成長できます。
昔のアメリカンドリームも、チャイナドリームも、民間主導です。

政府主導では、国民一人一人が、頑張らなくなり、衰退するのです。
日本も、政府のばら撒きで、成長できなくなりました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。