がん患者数と原発の関係

がん患者数が、原発が始まって以来、年々増加しています。
これは、風評ではなく、明確な実績です。

原発から排水される、トリチウムが原因なのでは?

もちろん、原発以外にも、放射線の影響はあります。
太陽からは、常に放射線が降り注いでいます。
医療器具には、放射線を利用した装置もあります。

がんは、放射線により、細胞分裂に異常を起こした場合です。
人間の免疫力には、異常な細胞を排除する能力がありますが、
それが、急速に増加すると、対応できずに発症します。

現代社会では、自然光以外に、放射線を浴びることが多くなり、
がん患者数が、増加していると思われます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。