感染収束も東京五輪も、一人一人の行動次第!

「新型コロナの感染拡大の中で、東京五輪を開催して良いのか?」
という声がありますが、
感染拡大は、自然現象ではなく、一人一人の行動の結果です。
ウイルスは、人間が媒介しない限り、他の人に感染しません。

つまり、一人一人が行動に気を付ければ、感染収束、
安全安心の中で、東京五輪開催できます。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

★★★★★★★★★★★★

逆に、感染収束できなかったら、
一人一人の行動が間違っていたのであり、
その結果、ウイルスに負けるのです。

東京五輪中止は、ウイルスに負けた象徴になります。
日本は、戦後75年経って、今度は、ウイルスにも負けるのです。
運命は繰り返す!
それで、良いのか?

▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽

ちなみに、今の緊急事態宣言は、間違っています。
経済を止めることで、感染収束しようというのが的外れです。
悪いのは事業者ではなく、店を利用する個人です。
営業自粛しても、若者は別の場所で飲食するので、無意味です。
事業者に着目した結果、若者は、自分には関係ないと思っているのです。

自己責任宣言で、一人一人に責任ある行動を求めれば、
経済を止めることなく、感染防止できます。

▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽

そもそも、政府にとって、緊急事態宣言は、感染防止のためではなく、
憲法改正(緊急事態条項)に向けての地均しです。
最近、愚かな国民から、人権侵害の緊急事態宣言を求める声が増えています。
これをバネに、戦争できる国に向けて、憲法改正するのが、真の目的です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。